2014年11月03日

もうすぐライブ!

ご無沙汰しております。
ユニットリーダーの岡田です。
otowaのライブは、、、あります!!



さて、とっても急なのですが、、、
ライブが決まりました!


11月5日(水)
@扇町パラダイス
出演: sinri+1/若槻素直(出雲)/otowa/オンブニダッコ(まつしまようこ&星野さゆり)/bathrooms
OPEN 18:30/START 19:00
¥1,000+1drink



最後にライブしたのは3月だったので約8か月ぶりですな、、、楽しみ!


このライブの後の事は、
一つ決まりかけているのですがまだちゃんと決まってないのであるかどうかわかりません!
後の事は、まだ決めてません!
ひとまず以前のようなペースでライブをしていくのは出来ないと思います。
また二人で話し合って今後どうするかを決めていきたいと思います!


あと、平日にライブをするのも難しくなるので“平日しか見に来れない!”という方は是非!


新曲もやるかも…??
個人的にはギターに乗せてるPUを2つとも変えたのでどんな音になるかも楽しみです。
あと足元は変わってないですが2つのPUの音量をそれぞれ調節できるTRIALのDUAL INPUT PREAMP(宣伝)、製品になる前から使っていてずっと無塗装だったのですがきれいに仕上がってライブに間に合いました!見た目しか変わってないけどうれしい!!
20141103asimoto.jpg


お休みして肩の力が抜けていい感じだと自分では思ってるのですが当日緊張するんかな?(笑)
とにかくこの日を楽しみたいと思います!(^_^)


ぜひぜひおいでくださいまし!!


Guitar 岡田
posted by otowa at 01:17| Comment(0) | 日記

2014年10月07日

ギャンと。ファイと。

れっれれのれー!
どうも、れれれのおじさんです。
いや、違った。

どうも、よしかです。

大分ご無沙汰してました。
なんやかんや、ずっとバタバタして、あっという間に10月です。

私、れれれのおじさんに、私の日常とかもろもろ一切合切、箒ではかれてる気がします。
まぁ、そんなもんかな。
とも、思ったり。思わなかったり。笑

ふむ。

今月は個人的目標がありまして、新曲に言葉をのっけていこうと奮闘してます。

出来れば、三曲全部完成させたい。

よーーーし。
ここに書き記したからには、やらないわけにはいかないぞーーー。笑

っっと、お尻に火をつけさせてもらいました。笑


あっ、そうそう。
そろそろ、乾燥してくる季節になるので、火の取り扱いにはご用心を、皆様。


それでは、明日も頑張りましょう。
ファイト!自分!笑
おやすみなさい。


Vo.ヨシカ
posted by otowa at 00:13| Comment(0) | 日記

2014年08月30日

『私とカルロス・サンタナ』

『私とカルロス・サンタナ』



私はいろんな音楽をききます。
しかし、昔から少し苦手なミュージシャンがいます。
私の近くにいる方ならご存知だと思いますが、、、



そうです、サンタナです。



サンタナが好きな人はごめんなさい。
長々と書いていきますのでこの先読まないでくださいね!




父がサンタナ好きで、日常のあらゆる場面でサンタナの音楽が流れていました。
若き日に耳にしたサンタナのギターを、私はクドく感じてしまいました。
ギターソロの部分は、
「俺やで!俺やで!!俺やで!!!俺やで〜〜〜!!!!」
という感じに聞こえておりました。



ある休日、母、姉、私はリビングでテレビをみていました。
すると、父はそんな事おかまいなしでリビングで大音量でサンタナを流し始めました。
何でヘッドホンで聞かへんねんと、おそらく私達3人は皆心の中で思ったでしょう。
そんな時、私は静かに自分の部屋に向かいました。



もちろんサンタナ好きの父は、ライブバージョンのCDも聞いておりました。
ライブになるとクドめのギターソロがめっちゃ長くなったりします。
俺やで!!の無限ループが始まります。

ある日、駅まで父が車で迎えに来てくれました。
ありがたいことです。
が、扉をあけると、、、やっぱり流れてますよね。
あ、先にいらっしゃったんですね、こんにちは、サンタナさん。って感じです。

途中でコンビニに寄ったりして、家まで10分ぐらいありましたが、
家に着く数分前までギターソロだったと思います。
やっと終わったと思ったら、
キーボードとパーカッションのソロの掛け合いみたいなのがはじまりました。
メンバーの俺やで感もなかなかのものだったと思います。





私のサンタナへの苦手意識はどんどん強くなっていきました。





話は変わって、私は高校生の時ギター教室に通っていました。
アコギじゃなくてエレキギターです。
私はこの頃、ギタークラフトの学校に行こうと思っていたのですが、
周りにエレキギターをやっている友人もおらず、全くの無知で、教室に通うことにしました。
この時のギターの先生は音楽の専門学校でも講師をしていて、その専門学校でもギタークラフトの専攻があることを教えてくれて、私はそこに行くことを決めました。
この専門学校では相方のよっちゃんや、今の職場の主、いろんな方々と出会うことができました。
ギターはもちろん、専門学校を教えてもらったことも感謝しております。
ちなみに、初めて職場の主に会った時に言われた言葉は、「ニコニコしてたらすむと思うなよ」です。

ギター教室ではいろんな課題曲を練習しました。
そんな中で、
出てきました。





“哀愁のヨーロッパ”

まさか自分がサンタナを弾く日がくるなんて…と思いつつ、
練習しました。
頑張りましたがあまりうまく弾けませんでした…



そんなこんなで専門学校に入学しました。
未知の世界に足を踏み入れて、毎日楽しく刺激的でした。


ある日、担任の先生が言いました。
「岡田さん、哀愁のヨーロッパ弾けるんやろ?」と。
ギターを教えてくれていた先生が、私の担任に話したもようです。
そして、なぜか分かりませんが

岡田さんはサンタナ弾ける → 岡田さんはサンタナが好き

という感じに変化しました。
まず弾けるというほどうまく弾けていなかったのですが、、、
苦手なサンタナが好きだなんて、、、こんな事が起きるんやなと驚愕しました。
なんでやねん…






…と、このように私はサンタナを苦手として生きてきました。


もちろん、自ら進んでサンタナを聞くことはありません。


でも、不思議なことが起きます。


たまに出てくるんですよ。


YOUTUBEの“あなたへのおすすめ”の所に。


サンタナが。


カルロス・サンタナが。


しかもライブバージョン。


逃げても逃げても、サンタナが追いかけてきます。


・・・・・




あれ?


私サンタナの事気になってるんかな?






あれ??





私、





サンタナの事、、、










好きなんかな???














Guitar 岡田
posted by otowa at 00:20| Comment(0) | 日記